今まで50年以上皮膚科を中心に診療してまいりましたが、名誉院長も94歳と高齢になり、定期的な診療が困難となってまいりました。このため皮膚科専門医である名誉院長は3月いっぱいをもって、引退することになりました。4月からの皮膚科診療は、私が引き続き継続いたします。この2年間名誉院長とともに皮膚科の診療を行ってきましたので、名誉院長が積み重ねてきた皮膚科診療をある程度引き継げると考えております。ただ私の専門は消化器であり皮膚科専門医ではありませんので、専門医による治療が必要な難治症例や専門医の診察をご希望の方がいらっしゃいましたら、しかるべき医療機関(別府市内では別府医療センターの皮膚科)をご紹介させていただきます。
患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の上ご了承いただきますように、お願い申し上げます。

院長 鳴海賢二