ロータリーを一般の人にわかりやすく
NO.123 2003/12/7

 Sharing Rotaryという言葉がありますが、ロータリーの精神を共に分かちあうことは、わたし達ロータリアンの大切な使命です。 
 一般の人にロータリーを出来るだけわかりやすく伝え、ロータリーに対する理解を深めて行けば、世間は如何に変るでしょうか。
 このことを何時も考えていますが、先ずその手始めとして、2000年1月、ロータリー理解推進月間を記念して「ロータリー物語」を発行しました。
 その後、2001年8月、わたしのホーム・ページ http://www.narumi-clinic.jp を開設し、そのなかで「ロータリー探究」と題して毎週ロータリーに関することを話しつづけていますが、一般の方には難しいと思われる点もありますので、来年のロータリー創立100周年を記念して、「ロータリー物語」の改訂版を発行したいと思っています。

ロータリーの定義について 

 ロータリーの定義を正式の文書に基づいて説明しますと、次のように英語で31字、日本語では101字で説明されています。

“Rotary is an organization of business and professional leaders united worldwide who provide humanitarian service, encourage high ethical standards in all vocations and help build goodwill and peace in the world ” 

 これは多くのロータリー刊行物に使用されている定義で、1976年、国際ロータリー理事会はロータリーの基本的な特性に簡明な定義を与えることに関心を持ち、当時のロータリー広報委員の3人にロータリーの定義を一文にまとめて表現する案を作成するよう依頼しましたが、以上の定義は多くの原案の中から選ばれたものです。日本語では次のように訳されています。

 「ロータリーは、人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した、事業および専門職務に携わる指導者が世界的に結び合った団体である」

 わたしは、これをもとにして更に次のように説明することにしています。

 ロータリーでは、 地域社会における各種職域の代表として選ばれた会員一人一人が、他人のことを思い他人を助けるという奉仕の心を自分の職業に生かし、地域のために最善をつくすことに努め、更に国際理解を深めて世界平和を推進することを目指しています。

Back