ロータリーの世界
NO.528 2014/11/23


 1980年代後期のロータリー・クラブ総数は、161の国および地域で
23,000以上、会員総数は100万を超えています。
 次に示す 図表は1986年6月30日現在において、ロータリー・クラブの存在する国や地域を わかりやすく示したものです。
 下記の図表は1987年にRIが出版したRotary Basic Library のロータリアン必携から転載したもので必ずしも翻訳ではなく、日本の事情に合わせて脚色した部分も多少あるようです。(国際ロータリー日本支局による)




ロータリーの現状  

 その後、2013年7月1日RI公式発表によりますと、200以上の国と地域で、クラブ数34,548、会員総数1,185,074人に及んでいます。
 2014年1月サンディエゴで開催された国際協議会で、国際ロータリー会長エレクト・黄其光(ゲイリーCKホアン)氏は、新しいRIテーマ「ロータリーに輝きを」を発表し、「ロータリーデ―」の開催を呼びかけるなど、次年度のついての指針を述べました。

ロータリーが成長している国

 ロータリーは、インドとアジアの多くの地域で成長しています。タイと台湾でも活発です。また、アフリカでもロータリーを広げる取り組みが行われています。




「ロータリーデ―」の開催

 「ロータリーデ―」はクラブの大小を問わず、どのクラブでも実施できます。近隣クラブが合同で開催したり、地区レベルで大規模に実施したりすることも可能です。以下にそのアイデアをいくつか紹介しますと、

 ・ピクニックやバーベキュウ大会を行う
 ・イベントやコンサートのスポンサーとなる
 ・パレードやお祭りを行う
 ・美術館、文化館などで行事を開催する
 ・レセプションや、ビュッフェの食事会を催す 

Back