ヘリコバクター・ピロリ菌の血中抗体とペプシノゲンを測定すること(血液検査)で、胃粘膜萎縮の程度を判定します。胃の粘膜の萎縮が強ければ、それだけ胃がんになるリスクが高くなります。胃がんリスクが高いと判定された方に胃内視鏡検査をお勧めします。この検診は自費ですが、胃内視鏡検査は保険で検査可能です。自覚症状がないけれど胃がんが心配な方や、ピロリ菌がいるか心配な方にお勧めです。

胃がんリスク検診   3500円+税

ピロリ菌抗体検査のみ 1000円+税